近畿大学OPAC

ようこそ  ゲスト さん

<図書>

Speaking and semiology : Maurice Merleau-Ponty's phenomenological theory of existential communication : with a new preface / by Richard L. Lanigan.

(Approaches to semiotics;22)
2nd ed
出版者 Berlin : Mouton de Gruyter
出版年 1991
ページ数・大きさなど 257 p. ; 24 cm

所蔵情報を非表示

配置場所 資料区分 巻 次 請求記号 資料ID 状 態 コメント ISBN 刷 年 予約/取寄せ 指定図書
(中央)第12書庫 一般図書
135.9 - L26 18000033
3110128640 1991

書誌詳細を非表示

一般注記 Thesis (Ph.D.)--Southern Illinois University, 1969
Includes bibliographical references (p. {210}-243) and index
1st ed.: 1972
著者標目 *Lanigan, Richard L.
件 名 LCSH:Merleau-Ponty, Maurice, 1908-1961
LCSH:Communication -- History -- 20th century
LCSH:Semantics (Philosophy) -- History -- 20th century
分 類 NDC7:135.9
本文言語 英語
書誌ID BD01198050
NCID BA13944058 WCLINK
巻冊次 ISBN:3110128640

ページトップ