近畿大学OPAC

ようこそ  ゲスト さん

<図書>

Das Verhältnis von Beobachtungs- und theoretischer Sprache in der Erkenntnistheorie Bertrand Russells / Dieter Würtz.

(Europäische Hochschulschriften. Reihe 20, Philosophie;Bd. 53)
出版者 Frankfurt am Main : Lang
出版年 c1980.
ページ数・大きさなど iv, 110 p. ; 21 cm.

所蔵情報を非表示

配置場所 資料区分 巻 次 請求記号 資料ID 状 態 コメント ISBN 刷 年 予約/取寄せ 指定図書
(中央)第12書庫 一般図書
133.54 - W97 10285808
3820467564 1980

書誌詳細を非表示

一般注記 Bibliography: p. 108-110.
著者標目 *Würtz, Dieter, 1942-
件 名 LCSH:Russell, Bertrand, 1872-1970 -- Knowledge, Theory of
LCSH:Knowledge, Theory of
LCSH:Languages -- Philosophy
分 類 NDC7:133.54
本文言語 ドイツ語
書誌ID BD00190971
巻冊次 ISBN:3820467564

検索結果一覧に戻る ページトップ