近畿大学OPAC

ようこそ  ゲスト さん

<図書>

カシハラ コウコガク ケンキュウジョ ロンシュウ

橿原考古学研究所論集 / 橿原考古学研究所編

出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 1975-
ページ数・大きさなど 冊 : 挿図, 地図 ; 22-31cm

所蔵情報を非表示

配置場所 資料区分 巻 次 請求記号 資料ID 状 態 コメント ISBN 刷 年 予約/取寄せ 指定図書
(中央)3階集密_一般 一般図書 [第3] 210.02 - Ka75 - 3 00163679

1975
(中央)3階集密_一般 一般図書 第4 210.02 - Ka75 - 4 00224576

1979
(中央)3階集密_一般 一般図書 第5 210.02 - Ka75 - 5 00224577

1979
(中央)3階集密_一般 一般図書 第6 210.02 - Ka75 - 6 00357249

1984
(中央)3階集密_一般 一般図書 第7 210.02 - Ka75 - 7 00357250

1984
(中央)3階集密_一般 一般図書 第8 210.02 - Ka75 - 8 00390371
4642075976 1988
(中央)3階集密_一般 一般図書 第9 210.02 - Ka75 - 9 00390372
4642075984 1988
(中央)3階集密_一般 一般図書 第10 210.02 - Ka75 - 10 00390373
4642075992 1988
(中央)3階集密_一般 一般図書 第13 210.02 - Ka75 - 13 00410864
4642076182 1998
(中央)3階集密_一般 一般図書 第14 210.02 - Ka75 - 14 00453017
4840620814 2003
(中央)3階集密_一般 一般図書 第15 210.02 - Ka75 - 15 00492824
9784840620826 2008
(中央)3階集密_一般 一般図書 第16 210.02 - Ka75 - 16 00522738
9784840626002 2013

書誌詳細を非表示

別書名 異なりアクセスタイトル:近畿古文化論攷
異なりアクセスタイトル:日本古文化論攷
内容注記 [第3]: 飛鳥の考古学遺跡と高松塚(末永雅雄) 弥生・古墳時代の高倉管理形態とその変遷(石野博信) 前期弥生文化の伝播について(中井一夫)ほか
第6: 古代刀剣銘と稲荷山鉄剣銘 岸俊男著. 纏向遺跡と初期ヤマト政権 寺沢薫著. 古代住居の日常容器 石野博信著. 古墳祭祀の画一性と非画一性―前期古墳の副葬品配列から考える 今尾文昭著. 古墳墳丘上祭祀の問題―新沢千塚古墳群の事例を中心として 伊達宗泰著. 築造企画からみた前方後円墳の群的構成の検討―巨大古墳の出現とその背景 宮川〔ススム〕著. 前方後円墳における築造企画の展開 その3―巨大古墳にみられる吉備と畿内 上田宏範著. 日本出土帯金具の系譜 千賀久著. 横穴式石室構築技法の一考察―特に大和を中心として 北垣聡一郎著. 横口系石槨の木棺資料―ヒチンジョ池西古墳の場合 森浩一著. 古代における星辰図について―高松塚の星宿図を中心に 網干善教著. 飛鳥京跡小考 亀田博著. 松林苑の諸問題 河上邦彦著. 河内国府の検討 藤井利章著. いわゆる民俗資料と「伝承物」 嶋田暁著
第7: 『周礼』考工記の「面朝後市」の説 福山敏男著. 南朝都城「建康」の復原序説 秋山日出雄著. 蛇行状鉄器考 東潮著. 古代日朝の馬胄について 堀田啓一著. 社寺伝世馬具の壷鐙について 山田良三著. カリンガ土器のエスノアーケオロジー的考察 西藤清秀著. 明治期の奈良県考古学界―野淵竜潜をめぐって 岡幸二郎著. チマタと橘―オトタチバナヒメ入水伝承を手掛りに 和田萃著. 平群氏と紀氏 戸田秀典著. 中臣氏・常陸・鉄・神祇官 田中久夫著. 万葉集二題―夜の船出、人麻呂の位階 直木孝次郎著. 太安万侶の墓地と墓誌 井上薫著. 法隆寺・大安寺・元興寺伽藍縁起并流記資財帳の同時成立の事情と歴史意識 横田健一著. 『延喜式』式内社と古代の郡・郷分布との関係について 藤岡謙二郎著. 小野皇太后 角田文衛著. 天保十年聖護院宮入峰随伴記 平山敏治郎著. 樹木と古代の人々 嶋倉巳三郎著. 大和を中心とした古墳の石室・石槨材 奥田尚著. 奈良市高塚古墳(大和第六号墳)出土鉄〓七点の金属学的調査報告ー金属材料としての鉄〓の品質 久野雄一郎著. 古代赤色顔料と漆喰の材質ならびに技法の伝流に関する二、三の考察 安田博幸著. 古代日本人の「呪物」に対する情緒の可能性 池田源太著
第8: 法隆寺五重塔秘宝奉拝調査日記 福山敏男著. 高槻市郡家今城遺跡における瀬戸内技法とその評価 松藤和人著. 奈良県出土の押型文土器の様相 松田真一著. 銅鐸鋳造に関する疑問-小林行雄氏著『古墳の話』を読んで 久野邦雄著. 東日本弥生土器絵画・記号総論 橋本裕行著. 前方後円墳築造企画と技法の伝承性 宮川{ススム}著. 前方後円墳における築造企画の展開 その6-応神陵・仁徳陵間の相関関係 上田宏範著. 初期群集墳論再考-大和を中心として 伊藤雅文著. 古墳群にみる従属的埋葬-新沢千塚を中心にして 山田良三著. 埴輪文化の特質とその意義 坂靖著. 埴輪祭祀論序説 伊達宗泰著. 古墳時代における武器・武具保有形態の変遷 藤田和尊著. 古墳時代の鉄鏃について 杉山秀宏著. 馬王堆一号漢墓帛画への新視点 勝部明生著. 付:参考文献
第9: 考古学の資料としての伝承物と伝承空間について 嶋田暁著. 日本出土初期馬具の系譜 千賀久著. 古墳時代の渡来人―大和・河内地域を中心として 関川尚功著. 六世紀前半期における巨大古墳の動向 田中英夫著. 大和の横穴式石室の概観と二、三の問題 河上邦彦著. 市尾墓山古墳の再検討 宮原晋一著. 北葛城地域における小形横穴式石室について 伊藤勇輔著. 須恵器にみる特殊なタタキ 泉武著. 終末期群集墳の諸相 服部伊久男著. 大和宇陀地域における古墳の終末 楠元哲夫著. 磚槨墳研究その後―石室復元工事を通してみた磚槨墳の観察 泉森皎著 阿武山古墳の金糸を巡って 樋口隆康著. 土師器・長勁壷に関する一考察 清水真一著. 伝承板蓋宮跡の発掘と飛鳥の諸宮 小沢毅著. 飛鳥地域の苑池 亀田博著. 大和における飛鳥・奈良時代の寺院の分布について 前園実知雄著. 前方後円墳と平城京の三山 森浩一著. 奈良時代「杣」について―奈良・尾山代遺跡の検討 今尾文昭著. 奈良時代以前の埴輪・土器・瓦などに記された文
第10: 「波多丘岬」考 永島福太郎著 ほか26編. 付:文献
第14: 縄文文化確立期における石器組成の地域性 / 松田真一著
一般注記 子書誌あり
第1の書名は「近畿古文化論攷」(別書誌), 第2の書名は「日本古文化論攷」(別書誌)として刊行, 創立35周年記念以降5年ごとに記念誌を刊行
出版者変更: 吉川弘文館→ 八木書店(第14-)
第16の大きさ: 31cm
第3: 創立35周年記念, 第4-5: 創立40周年記念, 第6-7: 創立45周年記念, 第8-10: 創立50周年記念, 第11-12: 創立55周年記念, 第13: 創立60周年記念, 第14: 創立65周年記念, 第15: 創立70周年記念, 第16: 創立75周年記念
付: 参考文献, 引用文献
著者標目 奈良県立橿原考古学研究所 編 <ナラ ケンリツ カシハラ コウコガク ケンキュウジョ>
件 名 NDLSH:考古学 -- 論文集
NDLSH:奈良県 -- 遺跡・遺物
分 類 NDC8:210.2
NDC8:210.02
NDC9:210.025
NDLC:GB111
本文言語 日本語
書誌ID BT00200330
NCID BN01741758 WCLINK
巻冊次 [第3] ; PRICE:9800円
第4 ; PRICE:8800円
第5 ; PRICE:8800円
第6 ; ISBN:464207595X ; PRICE:8800円 ; XISBN:64207595X
第7 ; ISBN:4642075968 ; PRICE:8800円 ; XISBN:642075968
第8 ; ISBN:4642075976 ; PRICE:9800円
第9 ; ISBN:4642075984 ; PRICE:9800円
第10 ; ISBN:4642075992 ; PRICE:9800円
第11 ; ISBN:4642076166 ; PRICE:11000円
第12 ; ISBN:4642076174 ; PRICE:11000円
第13 ; ISBN:4642076182 ; PRICE:16000円
第14 ; ISBN:4840620814 ; PRICE:18000円
第15 ; ISBN:9784840620826 ; PRICE:20000円+税
第16 ; ISBN:9784840626002 ; PRICE:18000円+税

検索結果一覧に戻る ページトップ