近畿大学OPAC

ようこそ  ゲスト さん

<図書>

Language as calculus vs. language as universal medium : a study in Husserl, Heidegger, and Gadamer / Martin Kusch.

(Synthese library;v. 207)
出版者 Dordrecht : Kluwer Academic Publishers
出版年 c1989.
ページ数・大きさなど xi, 362 p. : ill. ; 23 cm.

所蔵情報を非表示

配置場所 資料区分 巻 次 請求記号 資料ID 状 態 コメント ISBN 刷 年 予約/取寄せ 指定図書
(中央)第12書庫 一般図書
801.01 - Ku84 10301437
0792303334 1989

書誌詳細を非表示

一般注記 Includes indexes.
Bibliography: p. 315-342.
著者標目 *Kusch, Martin
件 名 LCSH:Husserl, Edmund, 1859-1938 -- Contributions in philosophy of language
LCSH:Heidegger, Martin, 1889-1976 -- Contributions in philosophy of language
LCSH:Gadamer, Hans Georg, 1900- Contributions in philosophy of language
LCSH:Languages -- Philosophy
分 類 NDC7:801.01
本文言語 英語
書誌ID BD00212365
巻冊次 ISBN:0792303334

検索結果一覧に戻る ページトップ